スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリファナについて

さて、昨日の続きを書く前に、なぜ僕がオランダに来たかについてすこし。


僕は、大麻に興味がありました。

2002年だったか、僕は友人の家に泊まってテレビをぼーっと眺めていました。

すると、大麻と水に関する不思議なお話の番組。

出演は、あの、窪塚洋介でした。

大麻、それまで僕はめちゃめちゃ危ないもんだと思ってました。

ただの麻薬、危ない植物だと。

しかしその番組で語られていた大麻は、全く逆でした。

未来を救う可能性のある、植物。

石油の代替になる植物。

その頃の僕にはとても衝撃的でした。

それからしばらくしてもずっと大麻のことが頭から離れず、

いつからか僕は大麻についていろいろ調べ始めたのです。

大麻と言う植物の利用範囲は広く、繊維だけでなく食料、建築材、

シャンプーリンスなどの日用品、燃料、紙など、様々な物に加工できること。

一年草で成長が早いのでたくさん収穫できること。

土壌を汚染せず、それどころか土壌を豊かにすること。

強い作物なので肥料などは必要ないこと。

日本の環境に合っていること等等、こんないいものないだろって感じでした。

しかし、そこにそびえ立つ大きな壁。

それが大麻の持つ成分、THCによる薬理作用。

それによって栽培自体が禁止され、大麻を産業利用することができない状態であること。

麻薬と言うイメージから来る、大麻という植物自体に対する強い偏見の存在。

日本に存在する大麻へのタブー感。

そんなこんなで、僕は大麻の持つ薬物としての側面も調べ始めました。

すると、でてくるでてくる。

今まで僕の中にあった偏見とは異なる意見。

(ちなみに偏見とは、吸ったら幻覚を見る、やめられなくなる、おかしくなる、自分の体を傷つけたり、とにかく狂ったようになる、そしていずれは抜け出せずに、薬物中毒者の更生施設へ、って感じです。こんな風に思ってました。)

大麻はタバコやアルコールと変わらない。

タバコはニコチンによる依存性、アルコールにも飲み過ぎると依存性があるけれども、

大麻にはない。

麻薬をやっている人の犯罪率は高いが、

それは大麻ではなく、コカインであったり、覚せい剤であったり、

いわゆるハードドラッグをやっている人である。

大麻だけの人は普通の人と変わらない犯罪率である。

あの平和主義者のボブマーリーも大麻を吸っていたし、

昔は日本で普通に嗜好品として使われていたものだ。

等など、、、

大麻を肯定する意見をたくさん見つけたのであります。

だがしかし、現に世界中で大麻は禁止されているわけで、やっぱり危ない物に違いない。

そう思ったのですが、オランダ。

この国だけは違うと言うことを知りました。

ここは、大麻を合法にしています。

自由。

え、そんなんで大丈夫なの?

日本では持ってるだけで懲役何年。

芸能人もたまに大麻所持で逮捕、なんて新聞の一面に展開するほど。

そんなものが合法の国がある、信じられませんでした。

これは、本当にそんな危ない物じゃないのかもしれない。

こうなったらいつかオランダに行って、オランダで大麻吸ってるやつを

見てくるしかない。

街の様子を観察して、どんな感じなのか、自分の目で確かめるしかない。

そう思ったのです。


で、来ちゃいましたオランダ。

まさかこんなに早くアムステルダムを訪れることになるとは。

あの時の僕には想像もつかなかった。


感想。

大麻は、アルコールみたいなもんでしょう。

街の雰囲気は、思っていたほどいい感じではなかったですが、特におかしくもありませんでした。

変なやつがいるとか、そんなことはなく、自由の国。

そんな感じです。

大麻が持っているだけで懲役何年にするほど悪いもんだとは到底思えなくなりました。

うーん、何かおかしい。

まー、でもこの辺のことを書くとさらに長くなるのでこの辺でまとめると、

要は大麻の産業利用を封じ込めて石油産業を繁栄させるために大麻の薬物的側面を

拡大させて栽培もろとも禁止したのではなかろうかと、そういうことです。

これも僕の意見ではなくて、どっかで読んだのですが。



それで、やっと昨日の続き。

結論から言うと僕は試してみました。

ここまで来て自分の体で試さないのはもったいないと。

ここで大麻を吸うことは全く悪いことではないのです。

おそらくここでやったからって僕が日本に帰って裏で大麻を吸うようなことはないでしょう。

安心してください。

一応、自分は法律を犯すことは絶対しないと思ってます。

東京で原付2段階右折無視で捕まったり、駐車禁止でレッカーされたり、

大学入ってから20になってないけど酒飲んだりしたことはあるけど、、、

それくらい、皆やってるしょ?それは、いいしょ?そこは許すしょ?

大麻は日本では持ってるだけで懲役もの。

親に迷惑かけることはしないので、大丈夫です。

(これくらい書かないと、日本に帰ってから疑われたらマジで嫌だからなー。)



結果、最初にアルコール飲んだ時みたいに、加減がわからず、

どうやら効きすぎたようです。

途中まではいい気分だったのですが、その後気分が悪くなり吐きました。

で、30分くらいトイレで動けない状態に。

タバコすら一回も吸ったことないから、まずは煙の吸い込み方から教えてもらったからね。

どんな感覚だったかと言うと、多分慣れてるやつとは違うでしょうが、僕の場合。

まず最初、アルコールと一緒で血の巡りがよくなる感じです。

そのあと、音(その店ではテクノが流れてた)が頭の中で揺れる感じ。

で、まーアルコールと似ててなんとなく楽しい感じ。

その後の一服で、多分効きすぎたんでしょう。

酒でつぶれたみたく体がだるくなり、横になりました。

音がさっきより強く頭の中で揺れています。

そして、吐き気。酒と一緒だね。音以外。

トイレへ。そして吐く。

酒の場合、吐き尽くすとそれですっきり。

しかし吐いてもスッキリしません。

もう腹の中に何もないのに吐き気は続き、トイレで30分間グダーっと座ってました。

その間、音はずっと揺れてます。

体は腕も動かせない状態。

ちょっと汚いですが大をする状態だったのでしばらくケツもふけませんでした(笑)

目を開けると焦点が合わない。

そのせいか知らないですが、文字とかを見ると今までと違う解釈で見えるというか、

なんというんでしょうか、脳の先入観的部分がすこしなくなってる感じです。

つまり、AをAと解釈しないで記号と解釈する、みたいな。

でも意識は大丈夫なので、それも客観的に感じてます。

僕はその間、意識はずっとこれがTHCの効果かーと思ってました。

30分後、やっと回復してきてトイレから脱出。

無事正常の状態に戻りました。


これだけで依存性どうのこうのはわかりませんが、とりあえず僕の体験は

こんな感じです。


これを読んでどう感じるか、人それぞれでしょうが、

僕は大麻の薬物的側面に関して、大麻だけ違法で懲役もの、

っていうのは明らかにおかしいけども、かといって合法にする

理由もないので、違法でいいと思います。

タバコも排除の方向に向かってますしね。

ただ、刑をもうすこし軽くすべき、とは思います。

さらに、産業利用に関してもっと研究を進めるための法整備はしてほしいです。

栽培も禁止って言うのは、やり過ぎでしょう。

ヨーロッパではTHCを含まない品種の大麻を開発して、それに限り栽培を

認めている、というのもどっかで知りました。

日本もそのあたりを話し合える雰囲気だけでも、まずは作らないと。

そう感じます。


以上、オランダに来て感じたことです。

長くなりましたがこの辺で失礼。

それでは。。。。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://shs.blog7.fc2.com/tb.php/87-c68d9409

コメント

マリファナについて。
カンナビストに賛成している国会議員もいるらしい。。
案外、合法はありえるのかも。。
http://www.cannabist.org/index.html

オランダって大麻の他にもいろいろ合法にしてるコトが多いよね。必要悪と考えているって聞いたが。。今、ドイツにいるんでしょ?誰かに聞いてみてよ!!
てか、そんなキマったのね。。
オレも紙巻、パイプ、水パイプでけっこう吸ったことあるけど吐くほどには至らなかったなぁ。

個人的に窪塚はどうかと思うがね
やーなんか久保先輩の話聞いたらいいものかもしれないけど実際みんな吸っちゃうから危ないよ~
ゆうなはあの匂いが無理だな
てか留学生の友達で酔っ払ってるときにジーパンのポケット切られてお金全部とられた人いたから、気をつけてね!!
あとゼミは何で高宮城にしたんですか??他学科なのに(・д・)
唐突な質問だなーおいおい。

単純に社会情報学科に興味がなくなったのと、ゼミが大変そうだったからだよ!
と同時におもしろそうだったから。
ま、最初は違うゼミだったんだけどいろいろあってね。

そろそろゼミ選びの時期?早いなー、、

ゼミ選びは慎重にね!

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。