スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜行列車乗車

昨日の夜更かしがたたり、置きたのは10時半。

チェックアウトリミットタイムまで30分。

しかし皆寝てます。

シャワーを浴び、朝食。

が、もうパンは売り切れ。

ビスケット数切れと牛乳、コーヒーをいただく。

11時。

しかし皆寝てます。

荷物をまとめ、パリのホテルの予約をするためにネット。

やっと皆、起き始めました。

と、その時、ホステルのおばさんがチェックアウトタイム過ぎてるから急いで、

とわざわざ言いにくる。

皆急ぐか  と思いきや、そうでもない。マイペース。

僕はまだホテル検索中だったのでとりあえず部屋を出てキッチンへ。

ここが共有スペース。

しばらくネット。

13時頃終了。荷物を預け、マドリッド最後の街歩きへ。

両替所を探し、考古学博物館でアルタミラの壁画の複製を見て、

公園をぶらつき、昼飯。

きちんとしたレストラン。

郷土料理と呼ばれる、冷たいスープと豚肉の料理を注文(セットメニュー)。

結果、冷たいスープ、いまいち。

豚肉、まーまー。

デザート、うまい。

ワイン、ちょい酔い。

パン、うまい。

店に入ったのが15時前だったので(スペインの昼は14~16時)

食べ終わると16時半。

宿に戻って荷物をピックアップ、地下鉄で駅へ。

昨日予約のため一度行っているので、迷わずゴール。

マドリッド、さようなら。

列車は19時発。

車内で食べるお菓子を購入してから、いざ、乗り込む。

修学旅行以来の夜行列車。

どんなもんかと期待していると、期待以上に狭い。

席は向かい合わせの4人部屋になっており、ベッドは収納されて椅子の状態。

同室の人々は普通の男性。

どうやら男女は別の様。

車窓からの風景を眺める。

列車が動き始める。

いよいよパリへ向けて出発、頭の中で世界の車窓からのテーマソングが流れます。


出発して2時間。やっと車掌が椅子をベッドに変えにきました。

ベッドに変わってみると、意外や意外、座席の時より広いです。

僕は下のベッド。

疲れたので早々に眠りにつく。

明日はフランスです、、、
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://shs.blog7.fc2.com/tb.php/79-57a178af

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。