スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TGV乗車

夜行列車は8時30分頃パリのオースリッツ駅に到着しました。

電車を降りるとパリ。

のはず。

実感なし。

ただ、寒い。スペインから北上してきたため、気温が下がってます。

とりあえず、今日中にモンサンミッシェルの近くの街、ポントルソンに

移動するため、到着駅とは違う駅へ地下鉄で向かいます。

地下鉄はマドリッドで経験済みのため、無問題。

無事駅に到着。次はTGVの予約。そう、TGVに乗るんです。

パリからポントルソンに行くにはTGVでレンヌと言う駅に行き、

そこからローカル線に乗り換えます。

TGV、予約窓口にはそこの係員が話せる言語が国旗で示してありました。

なにげに日本語を探すも、もちろんなし。

しかたないのでイギリス国旗へ。

ちょう聞き取りやすい英語で、無事完了。

で、TGV、乗ってみたけどあんまり速く感じなかった。

修学旅行の時乗った新幹線の、すごい加速感を期待してたんだけど、、、

そもそも座席が進行方向と逆向いてるからかもしれません。

なんか知らんけど逆向いてました。こっちでは普通らしいです。

だから眠ってました。夜行列車明けのため寝不足。帰りに期待。

で、レンヌ到着。

予想してた電車がなく(時刻表読み違え)4時間近く駅でストップ。

暇だったので食事。

フランス一回目の食事は、何かの魚の丸焼きとパン、サラダ、ポテト、ケーキでした。

そう、メニューわかんないからセットで頼んで、適当にチョイスしたんです。

これもけっこう楽しいです、何が出てくるのか、、、っていうね。

一人だからちょっと入るとき勇気いるけど。

これは最初からずっとそう。慣れません。


で、電車でポントルソンへ。

驚いたのがこの電車のかっこよさ。すごいかっこいい。

ローカル線のはずなのに、たぶん最新式車両。屋根が高くて、おしゃれ。

内装ももちろんおしゃれ。これにはびっくりした。

レンヌ駅もなんかこぎれいな駅だったけど、、、

今度フランスに行く人はこの超クールなローカル線に出会えるかもしれません。


ポントルソンに到着。実は宿はとってません。

地球の○き方 の ポントルソンにはユースがありおすすめ、駅前に地図があるのでわかると思います

と言う記述を頼りにしてました。

しかし、着くと雨。しかも6時近く。

この旅初めてのダイレクト宿探し。根が小さい僕はまた焦ってしまいました。

駅の係員に聞くも、ユースホステルは知らないと言うし、、、

仕方ないので街を歩いて探すことに。

1時間ほど歩き回り、張り出されている値段を比べ、一番安い所にチェックイン。

17ユーロ。まー安い。しかしシャワーなし、ここに2泊。

まー、これ以上安い所はないみたいなのでよかったか、、、。

明日はモンサンミッシェルです。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://shs.blog7.fc2.com/tb.php/78-dd07ccf9

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。