スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーグラー脱出なるか、、、、

やっぱコメントもらえると非常に嬉しいね◎

元気でましたわ、ほんとに。


でもって、昨日はホント危機的状況に陥ってました。

その一部始終を書きますわー。ちょっと長くなりますが。



まず、19日、アーグラーに着いた時、すぐに20日出発の切符、つまり昨日出発の

次の街行きの切符を予約したかったわけだったのですが、

なんとその切符、駅で予約しようとしてもFULLだと言われ、突っ返される。

まー、昨日も書いたようにインド人は基本的に仕事適当なんで、

サービス精神なんてものはない。

特に予約係なんて、、、(でも、人によりますよ、もちろん)

しかも20日どころか、21も、22も、23、24、25日までFULLだと。

ファーストクラスでもなんでもいいから、切符ないのか?

と聞くと、2等寝台なら1200円くらいで済むものを

多分一番高いクラスで、21日出発、

6000円強の切符ならあるぞと。

さすがに即決は出来ない、迷いに迷う自分。


そんな時、俺が電車から降りた直後からうざい位に

ずーっと付きまとってきたオートリクシャーのおっさんが

「俺の知ってる旅行エージェンシーなら切符取れるぞ。

というか、むしろここで取れないからそれしか方法ないぞ。」

とか言う。

「旅行エージェンシーに行って、切符とって、ホテルに送るから、

是非俺のリクシャーに乗れ」

と。



ま、勿論信用しない。

こんなの基本パターン。

リクシャーのおっさんが薦める旅行会社に行き、変なツアーやらなんやらつかまされる、、、

みたいな話は、もう何百回も聴いてきたんだよ!!!(言い過ぎ)



でも、、


でも、、、


でも、、、、、


一番信用できる駅のおっさんがこれだもんなー、、、

ホントに切符取れないとまずいしなー、、、

これはだまされたと思って、このおっさんの言うとおりにしてみるか、、、、、


ということで決断。

2,30分は迷ってたね、マジで。

それでもあきらめないんだから、リクシャーのおっさん凄いよ。

逆に。



疑いの気持ちいっぱいのままエージェンシーに到着。

あー、思ったとおり胡散臭そうなインド人が4、5人。

特にそのうちの一人は日本語多少話す。

危険レベルマックスだね。

でもここで負けるわけにはいかん。

ここまで来たからには、切符予約を頼むと言う任務だけ、鮮やかに遂行せねば。


手前の部屋では別の外国人がなにやら相談中(これで、少し安心)

ということで、日本語OKインチキインド人が、奥の部屋に来い、と。

いやな予感しつつ、奥へ。

すると、、

あ、何か変。

ここ、旅行エージェンシーですよね。

なんで宝石ショップみたいになってんの。

アクセサリーとかたくさんかざってあんすけど。

んでもってなんか薄暗いし。

明らかに雰囲気おかしいでしょ。


すると彼、とりあえず俺の切符が取れるか、どっかに電話かける。

返事がくるまで10分くらい待ってくれ、と言われる。

(あー、この待ち時間で話を変な方向に持ってくんかなー、、、)

と、言うことで俺はあんまり話さないようにする。

なんか飲むかい、だの、どこから来た、だの、どれくらいインドにいる、

だの、インドはどうだい?だの、いろいろ聞いてくるけども。

ペースを持ってかれないように。

過剰なまでにおまえらに興味ないんだよオーラを出す。

するとさすがに彼らもあんまりしゃべらなくなる。

しばらくすると電話が返ってきて、明日の切符は取れない、と言うことに。

それで手前の部屋に移動。

(よかった、、、、)

(でも、どうしよ、明日の切符が取れん、となると、どうしたら、、、)

悩んでると、あさってなら取れるかも、と彼が言う。

とりあえず頼んでみる。

また電話、そして返事。

すると、、、

あさってなら取れる、そのかわり明日の4時に切符を取りに来い。

今200ルピー、明日残りの300ルピーだ。

(うわー、これで200取られてドロンされたら嫌やなー、、、)

そう思いながらも、もうこれにかけるしかない、だまされたら

駅に行って素直に考え直そう。

と言うことで200払って無事エージェンシー脱出。

何事もなくホテルに向かい、部屋に着く。



すると、、なんか調子悪い。

だるい。

まだ2時半くらいだったけど、だるかったのでベッドに横になる。

恐らく夜行列車の環境が悪かったからだ。

窓が完全に閉まらないから冷たい風がぴゅーぴゅー入ってくる。

やられたか、、、

と言うことで19日はこんな感じで終了したわけです。



で昨日、朝起きてやっぱ調子はなんとなく悪かったけど、

とりあえず午前中は散歩に行く。

体が明らかに重いけど、ゆっくり歩いて、タージマハルの周りをゆっくりゆっくり。

で、昼頃ネット、昨日の記事を書く。

そしてその後、、、今日の任務は4時に切符を取りに行くこと。

さー、ちゃんと切符とれてんのだろうか。

それまで、いったん宿に戻って休憩することに。

ベッドにたどり着くと、体の調子がおかしい。


悪寒、頭痛、だるさ。

あ、これ、これまずいよ。

なんだろこれ、風邪か、それとも下痢か、いや、違う。

そんなんじゃない。

これは、、、、

熱です。やばいです、発熱しました。

あー、まずいね。もう動けない。だるいし頭がんがん。

すぐ側にあるリュックから水を出すのもおっくうなほど体だるい。

とりあえず、4時までは時間があるんだ。

なんとか動けるようになるまで、横になっていよう、、、

リュックから風邪薬を取り出し、とりあえず飲む。

ジャンパーを着て毛布をかぶって、暖かくして横に。

そのまま2,3時間、、、

いろんなことが頭をよぎる。

え、まさか、マラリア?

まさかね。まさかそんなことはないよね。

あー、こんな時誰かと一緒にいれば、、、

チケットのことなんて気にせずに寝ていられるのに、、

俺は4時にチケットを取りに行かないといけないんだ。

リクシャーに乗って、あのエージェンシーまで行って、

切符もらって、帰ってくる。

それまでになんとか動けるように、、、







そして3時頃、、、

お、ちょっと起き上がれるかもしれない。

ちょっとすっきりしてるぞ。

どうやらさっきの薬が効いたもよう、取りにいけそうな気分。

でも、念には念を入れて、もう一時間、きちんと休もう。


で、4時。

戦いの時間。

なんとか結構楽な状態に。これならいけそうだ。

宿を出て、サイクルリクシャーのおっさんをつかまえて、

エージェンシーへ。


やっぱり、雰囲気凄いね。

インチキくささが漂ってる。

しかも、他の旅行者がいないぶんだけ、昨日よりパワーアップしてる。


中に入ると、日本語できるやつが、さっそく、変なこと言い出す。

「まだチケットないよ、5時半って言ったじゃなーい。」

嘘つけ、4時って言ったんだよ。

4時。

ほら、チケット引換券にもそう書いてあんだろ、

これはあんたが昨日書いたんだよ。


まーいい、じゃあ待つよ、俺はここで待つ。

とりあえず待っててもらうつもりだったリクシャーのおっさんに

一時間かかるらしきことを伝える。

すると彼、でも待ってる、と言うことだった。

インド人はリズムがゆっくりだねー、、、


中に戻ると、インチキインド人、特に必然的理由もないのに、

あの、怪しい、奥の部屋に来い、来い、と言ってくる。

(あーもう明らかに変なこと考えてやがる、俺はチケットが欲しいだけなんだ、早くチケット渡せ、残りの300は払うからよー!)

行かないよ、俺はここで待つ!

明らかにイライラを見せる。

すると、、、、


さっきからドア付近にいた悪人顔のインド人に向かって、

インチキインド人がなにやら合図を。

そいつのポケットから出てきたのは、一枚のチケット。

(え、これ、俺のチケット?)

「これがチケットだ、取るのすごい苦労したんだぞー」

(あ、そう、なんだ、チケットここにあんじゃん、なにが1時間かかるだ、

やっぱあれは俺を奥の部屋に入れてたぶらかそうとするための嘘だったんだな、、、)


こうして無事、チケットをゲット。

ここまでが昨日俺が陥っていた危機的状況の一部始終ですわ。

えー、やっぱりインド人は警戒しすぎてしすぎる事はない、ってね。

これで俺がピュアな心を持つ純粋な日本人だったら、

どうなってたかわからんね。


と言うことで、この頃にはだいぶ精神状態も安定、気分も安定。

宿に戻って、飯食って、薬飲んで、すぐ横になる。



そして、今日。

結局アーグラーでは観光っぽいことはほとんどしてない。

まー、でもいいんですよ。

だんだん、興味なくなってくる。タージマハルとか。

どうせこういう建物系見ても、あっそう、って感じなんです。

入場料2000円近くするしね。

入りません。

誰かと一緒なら入るのも悪くないけど、1人だしね。


そんなこんなで、明日はアウランガーバードへ。

ここは石窟寺院とかがあるらしい。

自然の中にあるらしいので、これは見たいな、と。


で、また今日、夜行列車。

ホントにインドの列車、安いなりにきつい。

体壊さんようにしなければ、、、



それでは、また、後日。。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://shs.blog7.fc2.com/tb.php/114-93178d73

コメント

17日の記事もアップしました、バラナシについてまとめです。
ちなみに上の青色のバーの17をクリックするとすぐ見れます
ひえー。まじインドこえーなー。ブログ読んでる限りだと面白いけど絶対その状況にはなりたくないよ。
「過剰なまでにおまえらに興味ないんだよオーラを出す」 には笑ってしまったよ~。
とにかく生きて帰ってきておくれー!



すげぇ~・・・
超綱渡り的なことしてるね・・・。
俺には出来ないわ。
体調崩さないように気をつけてね。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。