スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はや年末

皆さんお久しぶりです。

日本に到着してから、はや一週間が過ぎ去りました。

当初感じた違和感も徐々になくなり、日常へと戻りつつある自分を感じる今日この頃。

さて、明日は大晦日。

2005年最後の日。

今年一年を振り返る時期ですね。

皆さんは今年、どのような一年でしたか?

僕は、、とにかく、あっというまに過ぎ去った一年でした。

しかし、そのあっという間の一年で、

十年分の体験をしたのではないか、というくらい密度の濃い一年だったように思います。

勢いで休学を決め、右往左往したのち地球一周へ、帰国して現在に至る、、、

たったこれだけなのに、根本の価値観が大きくひっくりかえりました。


おそらく来年は今年以上にもっと時が速く、そしてさらに面白い年になるんじゃないか。

いや、「面白い年になるんじゃないか」じゃないですね。

面白い年にしたいもんです。いや、します。



ということで、大晦日。

皆さんよいお年を!
スポンサーサイト

日本到着

こんにちは。

と、いうことで、遂に日本に到着しました。

香港から北海道へ。

日本を上空から見ると、なんと鹿児島のあたりですでに雪!!

なんだか異常気象みたいですねー。

もうこの先、この異常気象って言葉すら意味を持たなくなるくらい

変化し続けるのでしょうが。


で、いざ日本に着いてみると、、

なんだろ、すげー変な感じ。

日本にいるのに逆に地に足がついてない、ふわふわした感じです。

とりあえず迎えにきてくれた二人と話すけど、うまく説明できない違和感が。

今までほぼ一人だったし、おそらく波長がずれまくってるんだろうなー。


と、まーこんな感じですが、とりあえず帰って来れました!

これで英語なんかほとんどできなくても、お金と時間があれば

世界一周旅行は誰でもできるということが証明されましたよ!

終わってみれば、まるで長い長い夢を見ていたかのような感じです。

が、確かに僕は地球を東周りで回ってきたんですねー。


最後に、この旅で感じたこと、たくさんあったけど、ひとつだけ。

「原点に戻って考えよう」


日本に暮らす僕らは、明らかに原点から離れすぎてます。
原点とは、一言で言えば地球とともに生きること、です。
地球とともに生きる、とは、他の存在をいたわる、ということです。
思いやりを持つ、ということです。
今の社会システムは、それを完全に忘れてます。

そして、この社会システムはもう長くは持たないですね。
おそらく僕らが生きてる間に、間違いなく崩壊すると思います。
今までは日本だけの狭い視点で見てたので、いまいち実感はわきませんでした。
しかし、いろんな国を見て、いろんな地域を見て、、、
もう、間違いないです。
明らかにごく近い将来大きな変化が起こるでしょうね。
どういう形かはわかりませんが。

正直僕の語彙では、今僕が感じてることをうまく説明できません、、
ただ、こんな時期だからこそ、原点に戻って考えることができると思います。
もう今までの常識とか慣習とか、そんなものは意味を持たなくなるでしょうから。

だからこそ、皆それぞれが原点に戻って考え、自分を見直していけば、
地球もきっと、人類を救ってくれるんじゃないか、そんな気がします。

ということで、今日はこの辺で。


P.S.旅の間、コメントやメールで励ましてくれた皆さんホントありがとうございます。
   そのおかげでどれだけ救われたことか!ほんと感謝してます。
   ありがとうございました!

From Hong Kong

Hey! How are you?

Im in Hong Kong now.

I use English because I cant use Japanese character in here.

I will depart Hong Kong at 9:45 a.m.

And I will be arrived at sapporo about 3:00 p.m.

So, this is the final flight in this trip,,,.

I feel ,,,, I dont now.

I dont know that how I feel now.


Oh sorry, I dont know that how I say in English.


I think so,,, The world is very Big and Fun!


Thank you for Everyone and,, The Mother Earth!!







KONO EIGO ATTENNOKANA??

動物とのふれあい

シンガポールは日本語のパンフレットなんかもたくさんあります。

ってことで、ガイドブックなんかなくても何不自由なく観光ができるわけです。

そこで、世界で評価が高いと言うシンガポール動物園にいくことにしました。

ついでにセットチケットがあったので、バードパーク(鳥の動物園みたいなとこ)

と、ナイトサファリ(日没後にオープンする動物園)3カ所いくことにしました。

今日は動物との触れ合いデーです。


まーと言っても一人なので、ばーっと歩き回って見る感じなのですが、、、


すごいです。シンガポール。

特に、シンガポール動物園とナイトサファリ。

どちらも展示の仕方が工夫されてて、オリじゃないんです。

説明は難しいのですが、感覚としては普通の公園のあちこちに動物が暮らしてる、

っていうような感覚?まーつまり自然チックなんです、全部。

旭山動物園の行動展示みたいな?(行ったことないんですが、、)

たぶんそれ以上です。

去年大学の研究で動物園を扱ったくせに全く動物園のことを知らない僕ですが(汗

まーそれはおいといて、おもしろかったです。

シンガポールを訪れたら是非動物園、行ってみてください。


遂に明日夕方シンガポールを発ちます。

いざジャパンへ!

シンガポール上陸


遂に来てしまいました、シンガポール。
この旅最後の都市です。
実は、このシンガポールには思い入れがあります。
僕にとって、シンガポールとは、生まれて初めてあこがれをもった外国。

実は小学校低学年の頃、クラスの友達(と言っても、まー同じクラスってだけのつながり)が海外旅行(シンガポール)に行って、クラス全員にチョコレートのお土産を買ってきたのです。

海外旅行なんて想像もしたことがなかったその頃、その経験は僕の心の底に刻まれることになりました。
今でも覚えている、あのハッカを混ぜたようなチョコレートの味と、異国から来た雰囲気を漂わせた、緑色の包み紙、、。

それから10年以上が過ぎた、今、ここにいます。
実は海外と言うとなぜかその記憶が甦ってくるのです。
この旅の計画にシンガポールを入れたのも、それが元になってます。
人間の記憶って不思議ですね、あるシーンだけ、ある一部分だけなぜか覚えてる、そういうのって、ありませんか?


それはそうと、早くも帰国が迫ってまいりました。
今日はお決まりのマーライオンを見て、街をふらふら。
明日は動物園やらなんやらがあるらしいので、いってみようかな。
そしたら、もうあさって。
帰国日です。
実際には香港でトランスファーするから到着は22日になりますが、、

いやー、ま、ここまでくるとあっというまですね。
日本が楽しみです、どんな国なんだろ?

みたいな。

それではまた。

クアラルンプール

またまた夜行で移動して、今日はクアラルンプールですわー。

6時頃到着、そのまま今日夜のシンガポール行き夜行列車を予約して街へ。

って言っても何の情報もないので、地図も持たず適当に歩き回りました。

自分も、なかなかして方向感覚に強くなってきたね。

コンパス一つで街を歩けたよ。感動。

朝8時頃から、夜の7時頃まで。ほぼ一日中街歩き。

タイで食いまくってちょっと太ってた分を消費です。


で、クアラルンプールですが。

要は街です。

お決まりの、街のシンボル的タワーやビルがあって、思いっきり車優先の道路で、

ショッピングモールだらけで。

スターバックスありケンタッキーあり、マクドナルドあり、バーガーキングあり。

世界共通。まじこれらはどこ行ってもありました。

多国籍企業って、こういうことなんすね、、。


マレーシアの人は、いろいろです。

インド系、中国系、タイ系?など。

やっぱイスラム教だから女性は顔に頭巾みたいのかぶってる人が多い。

宗教によって服装まで違う、ほんと宗教の影響力ってすごいな。


あー、歩き疲れた。

で、極めつけは今日の夜行、寝台はフルだったので、普通の椅子です。。

一応リクライニングはできるけど、まー寝れませんよ。

明日はシンガポール。遂にマレー半島の先へ。

バタワース

マレーシア入りです。

超快適な寝台車で、約24時間かけて移動しました。

途中、タイ南部を通過中、不思議な光景を見ました。

その時はちょうど雨が降っていたのですが、、、

電車のすぐそばまで水が来てるんです。

洪水??

と思わせるような、水浸しの街。

でもどうやら人は普通に生活してます。

どういうことなんだろ?でも明らかに水没してる。

くるぶしくらいまで泥水につかりながら人が歩いてる。

車も走ってる。バイクも、、、

これってもしや、地震の影響なのだろうか。

それとも南部、今は雨期の最後だから??

電車の窓からその不思議な光景を眺めながら、

複雑な気持ちでした。

乗り換え駅のバタワースでもあいにくの雨。

この駅のすぐ近くにはリゾート地があるそうなので、

晴れてたら行こうと思ってましたが断念。

今日の夜行で移動することに。

夜行2連続。おそらく、明日もだから3連続。

シャワーはいりたい、、

いざマレーシア

3週間滞在したタイとも今日でお別れです!

これから国際夜行列車に乗ってマレーシアへ向かいます。

残り7日!

タイの皆ありがとう!

タイはすげーいいとこです、友達と旅行しても絶対楽しい。

山あり海あり、大都市あり、、、

いろんな旅行スタイルに対応できる!



それではまた◎

バンコクで一人

泣かされますわー。

私事ですけど、昨日誕生日と言うことでおめでとうと言ってくれた皆。

正直、感動やね。

ありがとうございます。

そして、皆それぞれがんばってるんだなーと、改めて感じました。


今日は久々に感じた感覚について。

今日、今泊まってるとこの近くにある
でっかいマーケットに行ってきたんです。

そこは日本で言うショッピングコンプレックスのタイ版ですね。
建物ではなく、たくさんの路地の脇にたくさんの店が入ってると言う、、、、
わかりにくいかな。

とにかくそこをぶらぶらしてたんです。

すると、いつになく日本語が聞こえます。
たくさん日本人が来てるんですね。
まー、しゃべってるってことで皆さん2人以上なわけですが。

するとその中に、大量のグループがいたんです。
しかも若者の。たぶん俺よりは下だと思うけど、10人以上はいたな。
ツアーって感じではなかったので、おそらく学生のグループ旅行でしょうか。
久々に、普通の日本人の若者集団を見ました。


こんなグループでタイ旅行なんて、リッチやなー!!


と思うと同時に、


あ、このノリ、、、


自分でも意外だったけど、懐かしくてちょっと笑けてきたんです。
わっかい(若い)なー!!
と思ってしまった。

皆ちょっとおしゃれして、はしゃいでる感じの。
すごく楽しそうでした。


一人旅してると自分の内面を見つめる時間が多いんです。
しかも一人だからあんまり外見とか気にしなくなる、、
まーもちろん節度は守ってますよ(笑
でも、いつのまにかそっちが普通になってたので、ひさびさに
群れてる若者を見て、友達といる時の自分、を一瞬思い出したのかもしれない。


もうすぐ日本に帰るけど、ちょっと今日の出来事で、
自分がどんな感覚になるのか、楽しみになりました。

タイ→マトリックス

こんばんわ、昨日また、バンコクに戻ってきました。

実質残り1週間。

そして、今日は僕の22の誕生日でした。

異国で迎える、何もない誕生日。

22歳。一昔前なら大人だな、と感じたこの響き。

今や自分が。

早いもんです。

ボヤーっとしてると、肉体だけどんどん年を取っちゃいますね。


あ、そうそう。あんまりしてなかったタイ話を。

タイはほんとそこら中に屋台が有ります。

焼き鳥、焼き豚、焼き牛肉、これらの串刺しを売ってる屋台。

鳥の足を焼いて売ってる屋台。

ラーメンの屋台(日本とは若干違うラーメン)。

果物を売ってる屋台。

ホントいろいろ。

街を歩いてるとホントにそこら中にあるもんだから、食欲が刺激されるんです。

しかも、安い。

だから、下手したら食いっぱなし。

さらに、コンビニもそこら中にあります。

しかも、安い。

飲み物とか、日本の半額以下の水準。

うーん、この国にいるとホントに太りそうですね。

やばいやばい。

暑いから動く気もしないし、長期の滞在は危険かもしれませんよ。

今のところ僕は太ってきた気はしないけど、体重はかったら、、わかりません。


それから、タイは王様がいます。

王様の写真があちこちにあります。

そうそう、日本でも昔こんな感じだったのかな、天皇様ってことで。

だから、なんか違和感。っていうか気持ち悪い感じ。

一人の人を崇拝する、ってなんか嫌な感じがしてしまう。

タイではこんなこと絶対に言えませんね、

王室不敬罪で捕まっちゃいますから。

でもこれは僕の日本のブログなんで、、、、

支配されてる、そういう感じが見え見え。

人間は皆平等。この日本の原理に反するからかな。

やたら嫌な感じがします。


ま、とは言いつつ実際僕らもいろんなものやことに支配されてますけどね。

意識してない、いや、しないようにされてるだけで。

平和ボケってこういうことかな。なんてね。

まさしく、映画「マトリックス」の様に、

本当のことに気づかない方が幸せ、なのかもしれない。

でも、本当のことに気づいて、理想の世界を創ろうとすれば、

マトリックスでいう「機械と人間が共存する新しい社会」ができるのだが、、、、

ごめん、実はマトリックス大好きです。僕。


ということで、また後日。

アユタヤー

皆さんお久しぶりです。

宣言どおり昨日アユタヤに移動しました。

朝8時に近くのバス停に行って、ミニバス乗って、

21日の飛行機を変更するためまずは空港に。


と、ところが、、

ミニバスの運転手。

すげー飛ばす。

おそらく100キロ以上は出てるであろう状態で、

前の車との車間距離、目と鼻の先。

こ、こえー、、、

日本だったらありえないね。

しかも、運転しながらなんかきょろきょろしたり、落ち着きない。

それでミニバスの運転手かよ、、、

んでちょっとウケたのが、バンコクの道。

波打ってるんだよね、なぜか。

おそらくたっくさんの車が通って、地盤がゆるいのかなぜか

道が変形してるのに直さないからでしょうね。

もちろん、そこを通る車も波打つ。

ミニバスも、波打つ。

するとどうでしょう、波のリズムに合わせるように、車の前方から異音が。

明らかにどっか擦ってるよ!!



バイク事故以来うっすら乗り物に不安を感じる自分。

俺はまだ死にたくない。

どれくらい飛ばしていたかと言うと、

事前には空港まで1時間かかると言われていたのが、

ついてみたらまだ30分しかたってない。

いやいや、やっぱ日本とは違いますね。

よく見たらまわりの運転手たちも、同じようなもん。

急な割り込み、追い越し、あたりまえ。

こんなとこぜってー運転できないな、と思ったしだいであります。


その後電車にて空港からアユタヤへ。

久々に旅情を感じ、あ、俺、旅してるんだ。

1時間ほどでアユタヤ到着。

事前に調べておいた宿に向かい、チェックイン。

日本人が経営してる宿、ということで、ロビーに日本語本がたくさんある!

これはうれしい。おかげでその日の夜は読書タイムに。

気になった本数冊をぱらぱら、、、


あ、もちろん、午後は久々の観光をしました。

アユタヤ遺跡。

ビルマ軍によってぶっ壊されたアユタヤ王朝時代の寺の跡です。

ただ、なんかやっぱり調子よくない。

すっきりしない。

今日も正直また風邪っぽいし、お腹もまた壊れてる。

しかし、病は気から。

旅もあと10日、立て直していきます。

いまだカオサン

まだカオサンにいます。

右半身がやっとまぁまぁな感じになってきたのと、

旅行期間も残り1週間ちょいということで、

明日アユタヤに移動しようと思います。


ここ3,4日はホントほとんど何もしなかった、、

通りにでてふらふら歩いて、屋台でご飯食べて、

店のぞいたり、買い物したり、、

これがいわゆる沈没、っていうのかな。


でも、そろそろ出ます。カオサン。

確実に時間は過ぎていきますね。

帰国して、2005年が終わり、そして2006年。

あっという間に2006年も過ぎていくことでしょう。

一時一時を大切に生きなければ、、

またそんなことを考えてます。


ではまた。

休息中、、、

カオサンにて休息中、、、、


この街、おもろい。

コピー商品であふれてる。

あまりにも公然としすぎ。

まったく、、、と、いいつつ、、、



帰都

ということで、今日チャーン島からバンコクへ一日かけて移動しました。

そして!今、バックパッカーの聖地、カオサンロードのゲストハウスにいます。

うーん、怪しい雰囲気、、、

これが聖地か!って感じ。

んー、右半身が痛い。

やっぱ結構やられてたみたい。

筋肉痛のような痛みが各所に、、、そして傷が痛む。

しばらく、カオサンでゆっくりします。


さいきんブログつまんなくてすいません。

やっぱ、こうして書いてるとインドって、おもしろいよね。

普通にネタが向こうからやってくるからね。

皆、インド行ってネタを作ろう!

それではまた明日。

事故

なんだか不気味なタイトルですが、、


そのままです。


事故ってしまいました。


無事帰れるよう気をつけます!とか言ってるそばから、、、、


ホント不幸は突然やってくるのね。



昨日から引き続きレンタル中の、バイク!

昨日乗ってて、道幅狭いし、起伏あるし、

かなりあぶねー道だなー、とは思ってたんです。

そして、あんま乗りたくないなー、とも。

しかし、せっかく借りてんだから、(ちなみに今日の昼まで時間があった)

乗らないともったいないじゃん!

そう思って朝、とりあえずガソリンを入れに近くの町へ。

しかし、ガソリンが見つからない。

一度とまって、引き返す。

もう一度同じ道を走るが見つからない。

あれ、どうすっかなー、、、、

ぼーっと考えつつ、ふらふら宿の方向へ。

その時、、、、


「やべっ」


一瞬でした。

なぜかわからないけど、道から外れる。

タイは左側走行。日本と同じ。

左側の道路外に出てしまったわけです。

特に何かをかわそうとしたわけでもなく。

ボーっとしていたんでしょうね、、、

道の外は草っぱら、というか、森、というか藪。

道から外れると、考える暇もなく、バイクは土の上を滑り、

右側を下に転倒。

その勢いで停止、俺もわけもわからず一緒に転倒。


「やっべ、やっちまったぁー、、。」


すると道を歩いていた白人さんや通りがかりのタイ人等、

4,5人が集まって、バイクを道に引っ張りあげるのを手伝ってくれる。

そして、気づけば腕と脚が血で染まってる。

やば。


助けてくれたタイ人のバイクの後ろに乗り、病院へ。

俺のバイクはこれまたタイ人が安全なところまで運んでくれた。

そして、バイクの後ろに乗って病院へ向かうが、、、

遠い。メインから外れてるのが裏目に出た。

そして、ここで気づく。

あ、俺今保険証書持ってない。

バンガローだ。

しかも、これ、血まみれだったけどよく見たら擦り傷だな。

マキロン塗って自分で手当てすれば直るんじゃね?

病院とかめんどくさいし、とりあえず一回宿に戻りたいなー、、、

でもこの状況、どうしよー、言いにくい、、、、。



そんなことを思っていると、、、


途中でガス欠(爆

しかもよりによって坂道の途中。

エンジンをかけるが、かからない。

しかたないので後ろから降り、彼がバイクを押し、、、

まー、俺も手伝う。

おい、つらいよ。逆につらい。

しかも結構まだ距離あるだろ、俺、知ってるぞ。



このタイミングで、言う。

ごめん、俺今お金とか持ってないから、一回バンガローに戻りたい、、、

すると彼はこころよく受け入れてくれ、

坂道をエンジンのかからないバイクで下り、俺のバイクをピックアップし、

それでバンガローへ。

彼は一回どこかへ戻り、ほかの人と一緒に僕のバイクを届けてくれたのであります。


とりあえずバンガローで傷を洗って、程度を見る。

うん、そんなに重症じゃない。

たぶん病院に行く必要はないだろう。

で、次はバイクだ、、、、



実はこのバイク、保険なし。

修理費全額俺持ちです。

バイクを見ると、見事右側側面の外装がやられてます。

これは修理必須。

うわー、いくらだろ、2万、3万、、、、



結果、3万。

一瞬で3万が消え去りました。

インドで節約した分が全部トンだって感じ。

ふいー、、、、


そして、わらにもすがる思いで海外旅行保険サービスに電話をすると、、、


「申し訳ないんですが、車両に関する事故などはすべて対象外となってしまうんですよー。」


あ、そうですか。

いろいろ保険ガイドブック読んで、よくわからんかったから、

むしろ保険おりんじゃねぇの?

そう思い電話したけど、やっぱそうですか。

なんかそんな予感はした。

保険会社なんかいろいろ理由つけて結局金払わないんでしょ、そんな気がしてた。

やっぱそうだった。

まー、規定にあるからどうしようもない。

そうなんでしょうけどね。

なんか、人間っぽくないね。

こう、話しを聞いてあげるとか、なだめるとか、そういう雰囲気すら感じられない。

冷たい日本の東京日○、、、

みたいなね。


八つ当たりしても仕方ないもんは仕方ないので、

命助かったことを神に感謝!

3万ですんでよかった!

皆、事故には気をつけよう。

俺、今年、大殺界なんです。

実は今年2度目の事故。

本気で死なないように注意して帰りますわ。

2005年が終わるまで、マジ油断できないです。

あー、早く帰りたいわー!

IN チャーン島

ということで、昨日パタヤーよりチャーン島に移動しました。

朝からバスに揺られ、フェリーに乗り、5時間ほどかけて移動。

ここ、思ってたとおり南の島、そのものです。

でも、、

もっとゆっくりできるかと思ったけど、意外と人多い。

一応島のメインの場所じゃなくて

ちょっと外れたとこにきたんだけどなー。

そして、なぜかほとんど白人さん。

あれ、ここ、タイだよね??

ってわかんなくなるほど、白人さんばっかり。

マジで白人さんばっかり。

まーしかたないけど、ちょっと期待はずれでした。

僕のイメージではもっとひっそりと、そして美しい

人がまばらな砂浜。そんな感じだったのに。


ただ、今海辺のバンガローに泊まってるわけですが、

これはなんか、凄い。

夜になると虫の鳴き声しか聞こえなくて、

小さい時によく行ったキャンプを思い出しました。


ただやっぱり、、

一人で来ててむなしくなります(寂


たぶんほとんどいないね、一人で来てるやつなんて。

ってことで、物思いにふけろうとか思ってたけどやっぱ無理。

レンタバイクで島を走りまわったわけであります。


明日もたぶん走り回って、後はぶらぶらして、

あさってにはバンコク戻ります。



ふいー!

The sanctuary of Truth

今日は朝起きたら11時。

、、、、


すっかり夜型になってる。

昨日は部屋についてたテレビのせいで夜中まで音楽聴いちゃった(汗

プロモーションビデオが次から次へと、流れる流れる。

聴いたことある曲も、映像があるとこんなにも違うものか。

テレビもやばいけど、プロモーションビデオ見て思った。

IPOD VIDEOとかやばいね。

人間を情報受動機械にしちゃうよ?やばいよ?注意しないと。

なんつって。


それはそうと、今日は題名にもある、

The sanctuary of Truth (真実の聖域?)

っていう名の建物に行って来ました。

1981年から建設が始まり、数年後の完成を目指して現在も建築中。

ガイドブックには「まさにパタヤーのサグラダファミリア」なんていうフレーズが。

タイ、インド、中国、カンボジアの宗教思想をミックスした、

独自の彫刻があちこちに掘り込まれている、木造の大きな建物です。

でも、寺院、ってわけでもないので、これといって宗教的な感じはしない。

建物の中央にあるのは、その名も宇宙の中心。



不思議な建物でした。

まー、サグラダファミリアってほどじゃーないと思うけど(w



そして、今日はフットマッサージを受けてみる。

1時間600円程。


安。


なかなか気持ちよくて半分居眠り状態に。

最後にはちょっとした肩もみもあったりで、、



タイって、ほんと、いいところだと思う。



海外旅行でよく、タイタイタイタイタイタイタイタイ言うのがわかった。

みんなサービスいいしね。

笑顔が素敵ですよ。

タイ人。



明日はいよいよチャーン島に移動。

しばらく更新が鈍るかもしれません!

それでは、また、そのうち。

シーユー!

そして、パタヤーへ

皆さんこんばんわ。

昨日あの後、宿に戻って、夜、ぱっとしなかったので近くのチャイナタウンを歩いてみました。

どこの国にもチャイナタウンってある気がするけど、、、

すごいパワーです。

人のパワーに圧倒されて、しばらくうろうろしてました。

(中国人のパワーって、すごいですね)

気合を入れて一軒のレストランに入り、蟹チャーハンをオーダー。

うまかった。そして、やっぱりサービスがいい。

それで気分、ちょっと回復。

宿に帰って、今日古本屋で買った「スロービジネス宣言!」

なる本を読んでいると、、、、

3時。

寝たのは3時半過ぎ。

そのせいで今日の朝はまただるかったです。


しかし!!

今日から12月、気分を入れ替えなければ!

そしてそのためには、この部屋、この宿、そしてバンコクを出なければ!

そんな気がして、やっぱり、パタヤーに来ました。

気持ちを軽くすると同時に行動も軽くするため、

それまで溜まっていた荷物を整理し、必要ないものを日本に郵送!

重量8キロ!送料も結構高い!

がしかし、いいんです。荷物が重いと動く気がしない。

そして、足が重くなる、つまらなくなる、気分が下がる、、、

この悪循環にならないように。


昼過ぎにチェックアウト、郵送手続きをして、バスターミナルへ。

うーん、荷物が軽いぞ!

3時発のパタヤー行きバス乗車。

6時ころ到着。


うん、ここはやっぱりリゾート地ね。

たっくさん白人さん達がいます。

でも、ケアンズとはまた違う雰囲気。

通りを歩いてると、やたらセクシーな服来たお姉さんが

カウンターにたくさんいるような、お酒を飲む店がたくさん。


んー、、、コワ。


ガイドブックを見ると、別にヤバい店ではないらしいですが、、、、




違う違う。パタヤーに来た理由はただひとつ。

この街の近くにある、パタヤーのサグラダファミリアと呼ばれる

不思議な建物を見るため。

明日、行ってこようと思います。

んじゃ!

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。