スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イースター島行動開始!

25日、ブログを更新した後、サンチアゴのホテルを予約し、

それから博物館に行きました。

イースター島の歴史や文化に関する説明書きがあったり、

土器や像が展示されていたり、なかなか興味深い物でした。

と、言うのも、なんと日本語解説書があるんです!

入場料1000ペソ(200円位)を払うとなにやら冊子を渡されたのですが、

それが日本語解説書でした。

内容もしっかりしてます。全部理解できました。

実はイースター島には永住権を持つ日本人の方がいるそうで、

その方の訳でした。

で、日本人相手のツアーもやってます。(英語ガイドの5、6倍の値段、、、、)

ということで今日は知識を仕入れ、その後は村から歩いていける範囲にあるモアイ像をじっくり見て、終了!


ではなかったな。

そうそう、ご飯を食べたんです。

レストランで。

なんだかどこも、大丈夫かここ?っていう雰囲気を醸し出してるのですが、

とりあえず適当に入ってみました。

島ということで海産物が豊富らしいと聞いていたので、

アトゥン(マグロ)のセビッシェというのを注文。

待つこと2、30分、、、。


長い。


しかもその間に注文を取りにきたおばさん、くっちゃべったり

うろうろしたり、ほんとに作ってんのかおい!!!

って感じでしたが、やっと出てきた。

セビッシェって何かといえば、どうやら和え物。

ぱっと見うまそうでした。


1口。


んー、まぁまぁ。



2口。


ん?



3口。



ん、、、、、、しょっぱい!!!!!

しょっぱすぎです。しょぱいというか辛いというか、

味が濃すぎ。

それでも半分くらいまではなんとか行けました。

しかし、そこからは体力勝負。

だんだん体が受け付けなくなってくる。

最終的には20%くらい残しました。

これで5000ペソ(1000円程度)


もうぜってーこの店は来ねぇ。

どっかでマジイースター島飯はまずいって見たけどほんとだな。

ありえねぇわ!!


しかし後で聞いた話に寄るとどうやらそこはハズレ。

普通においしいレストランもあるそうです。

俺はこのせいでそれから三日間は夜飯、食べませんでした。


そのかわり、次の日スーパーでバナナとオレンジとみかん、

それからクッキーを買い込んだのでした。
スポンサーサイト

イースター島上陸!

ついにイースター島に上陸しました。

昨日、24日、オークランドからサンチアゴへ、

そこから飛行機を乗り継ぎイースター島に着きました。

心配していた飛行機の遅れ、荷物の紛失も一切無く、

予定通り順調に行きました。

よかった、、、、。

時差があるため、今こっちは25日です。

日本では今26日の1時55分だそうです。

地球の裏側だね、マジで。

こっちは雨季のためじめじめしてて、ちょっと気持ち悪い感じです。

初日なんでまだ何もしてないけど、村の近くにあるモアイを

さっきちょっとだけ見てきました。

あと村の市場でお土産をウインドウショッピング。

なにやら一生懸命話しかけてくるけど、全く理解不能。

笑顔で逃げました、。

ほんとに小さな村で、リズムが違う、というか物事の仕組みが

まだつかめていないので落ち着きません。

29日の飛行機でサンチアゴに行くので、

それまでの三日間、島内を散策しようと思います。

レンタカーでまわるか、ツアーでまわるか。

それを組み合わせるか。ちょっと今考え中です。


にしてもやっぱオセアニアとは違います。南米。

言葉、全く理解不能なんで、

感覚でやるしかないって感じです。

またちょっとナーバスになってます。


けど、まだこうやってブログ更新できたりするので安心ですが。

イースター島はマジ絶海の孤島です。

こんなとこでもインターネットができるなんて、、、

すごい時代ですね。


しかし、まー次々に新しい街に行って、

宿とって、歩き回って、新しいもの見て、ご飯食べて、

お金のこと考えて、これからの予定考えて、、、

自分でもよくこんな旅計画したなぁ、と思います。

帰るまでほんとに安心できないわ。常に。

たまに夢を見ているんじゃないかと思うことが本気であります。

ほとんど、まー95%一人でいるし、(たまに現地にいる日本人や現地の人と話す)

やることといったら歩いて色んなもの見るか、食べるか、

これからの旅の予定考えるか、

人生について考えるか。


考えてるうちに一人で感傷的になって涙が出てきたり、、


人生って旅だよな、みたいに考えてみたり。

日本にいたらまるで人生には道でもあるかのように

錯覚してたけど、全然違って、ホントは何も無いんだと。

道は自分で作るもんなんだと。

主体は自分なんだと。

そんなことを強く感じました。

当然のことなんだけど、何不自由ない暮らしをしていると、

見失ってしまうことな気がします。


それと同時に、自分の生まれ育った地で、

働いたり勉強したり遊んだりしゃべったり、つまり普通に生活して

いくことの幸せっていうのも感じました。

これはきっとツアーとかで、人に頼りっぱなしで旅行に来ていたら、

感じられなかっただろうな。


なんだかまた独り言ブログになってしまいましたが、

今日はこの辺で、失礼します。

それでは!

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。