スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キト入り、、、

今日は波瀾万丈でした。

まず、昼。今日は1時過ぎのバスで空港まで移動する予定。

12時半頃。

毎朝ヒップホップがリビングでかかってるので、

レセプションの男の人(この人がいつもかけてる)に、誰が歌ってるCDか聞いてみました。

すると何と、彼のグループと言うではありませんか!?

なんとその彼、3人でクルーを作ってラップしてるらしいです。

ちなみに彼はMCだそうで、さすがに驚きました。

けど、伝えたいことたくさんあるのになかなか言葉が出てこず、

へー!という驚きくらいしか伝えられませんでした、、、無念。

で、まーその彼、すごくフレンドリーで感じのいい人なんです。

それで、バスがくる直前、いい機会なのでそのCDを売ってくれと頼みました。

そしたら、コピーしたCDにマジックでサインとかタイトルとか書いて、それを俺にくれたんです。

これがそのときの写真。

ちょっとぶれてるけど、、、

2136.jpg


すごくいい思い出になりました。

その後すぐバスが来て、お別れ。

ありがとうありがとうを連発し、バスに乗りルンルン気分でいざ空港へ。

チェックインカウンターに並び、キト行きの手続きをするために待ちました。

そこで第二のハプニング。

携帯がない。

携帯が、いつものポケットに入ってない。

確かにここに入れたのに、入ってない。

焦る。

しかし、今は並んでる最中なのでとりあえずチェックインまで待つ。

こんなときに限ってチェックインが遅い。システムがトラブったとか言って、

10分くらい待たされる、、、。でも無事チェックイン。

さあ、どうしよう。

現在2時40分頃。飛行機出発は4時35分。ボーディングタイムは4時。

約一時間半の間に、落とした可能性のあるホテルとバス会社に連絡をとらなければ。

ここで、また焦る。ホテルの住所は知ってるが、番号はメモってない。

パソコンに保存してあるかと思ったが、なかった。

空港のホテル案内まで走って聞いてみる。しかしなんとここでもわからない。

なんだよおい、、、、小さなホテルだからか。

バス会社なら知ってるかもしれないと思い、空港のバス会社のカウンターに行く。

まず携帯が届いていないか聞く。なし。

俺の乗ってきたバスと同じ車が空港にまだいたらしく、自分で中をチェックする。

ない。

しゃーない、じゃあホテルの番号を知ってますか?と聞く。

なんとこいつらも知らない!なんでだろ、さすがに知ってると思ったんだが。

調べないで知らないと言ってる訳ではなく、調べた上で知らないと言っているのだ。

もちろんこの間にも時間はどんどん過ぎていく。

番号はネットで調べるしかないと言われ、3階のネットカフェまで走る。

自分で検索をかけると、あっさり見つかる。最初からこうすればよかった、、、。

ホテルに電話をかけ、探してもらう。

座ってたソファーの場所、ベッドのあたり、などなど。

無念、、、、。

見つからないらしい。

一応見つかった時にメールをくれるようお願いし、あきらめて電話を切る。

そうこうしているうちに、時間は3時50分を過ぎていた。

やばい。これからセキュリティーチェック、出国審査を抜けなければ。

携帯紛失連絡をしないと悪用されるとまずい、、と思ったのでその前に日本に公衆電話から。

1分80円ほど。

掛け方もややこしく、手こずりながらかけると、つながった!日本人の声。


だが、、

こっちの4時はそっちの朝5時。やってるはずもなく営業時間の案内の声だった。

しかたなく留守番電話に吹き込むほうの専用ダイヤルにかける。

嫌な予感がしたとおり、携帯番号を押せだの発信音の後に吹き込めだの言われる。

やってみるが、いまいち反応がよくない。そうこうしているうちに、勝手に電話が切れた。

ふー。もう行かなければ。あきらめてゲートへ向かう。

焦って荷物をセキュリティーチェックに通し、出国審査を抜ける。

あまり厳しい感じではないのですんなり行けた。よかった、、。

その後、ゲートに向かい、もうボーディングが始まっている列に並び、無事乗込完了。

飛行機の中はすごく落ち着かなかった。

もし悪用されたらどうしよう、、、と考えていた。

国際携帯電話だから、通話料がものすごい高いのだ。



と、その時。チリに入国したとき、携帯に電波がなかったのを思い出した。

チリは携帯の仕様が違い、使えないんだった!!!

これで安心し、キトについてから日本に連絡して止めてもらおう。

とまた心に余裕ができました、、、。



そんなこんなでエクアドル、キトに夜8時半頃到着。あたりは暗いが、結構街中で、

人もたくさんいた。チケットタクシーをひろい、予約してある新市街のユースホステルへ。

キトは新市街と旧市街があり、新市街は治安も比較的よく、夜遅くまで歩いても

問題ないとガイドブックで見ていたのであまり心配していなかった。

逆に旧市街は夜になると人通りが寂しくなるので、危険らしい。


タクシーは街中を猛スピードで走り、進んでいく。

噂通りまぁまぁにぎやかだ。しかし、以外と中道に入っていく。

だんだん不安になってきた。こんな所にあるのか、、、、

途中、たむろしてる黒人のガキ3人くらいがいたりして、なんだか不安だった。

すると、そのガキがたむろしてたすぐ近くにユースホステルがあり、タクシーはそこで止まった。

ドライバーがドアを開けてくれ、ウェルカムキト、と言ってくれた。

荷物を持って玄関へ向かう。インターホンを押せとドライバーが言ってたので、探すが、

ちょっと見つからずうろうろ。

するとさっきのガキがこっちに歩いてきて、何やらドライバーに声をかけていた。

俺はそれを振り返ってちらっと見て、その後すぐインターホンを見つけたので押した。

中の受付の人と目が合い、ドアが開く。すぐに入ってドアを閉める。

その時、、、3人のうち一人が俺の方に向かってきていたことに気がつく。

ドアを閉めたのですぐ戻っていったが、なんなんだろう、なんだか不穏な空気を感じながら受付へ。

予約はちゃんと入っており、とりあえずここに二日泊まることにした。一泊6ドル。

受付の人が、外で何か言われたかと聞いてくる。

よくわからないと答えると、あれは強盗だと教えてくれた、、、。

実はすごく危険な状態だったみたいだ。危機一髪。

タクシーの運転手は大丈夫だっただろうか、まったくわからない。

ただ、俺が受付をしているときに、外で瓶が割れるような音がしたりガキが走ってたり

したのをみたので、なおさら不安だ。


この出来事で、僕は南米がどんな所か、うっすらわかったような気がしました、、、.。

スポンサーサイト

いざキトへ

これからキトへ移動します。

あんまりサンチアゴではゆっくりできなかったなぁ。

そろそろバスがくるので、これだけです。では!

写真公開

ちょっとうまくいってるかわからないのですが、

旅の写真を一部公開します。

ここに最初の方すこしのせてます。

自分のPCを接続できたので、アップできました。

もしかすると見れないかもしれませんがあしからず、、、。

http://homepage.mac.com/superhumanspirit/FileSharing2.html

サンチアゴより

こんばんわ!

本日イースター島より移動し、南米、チリのサンチアゴという都市にやってきました。

今、サンチアゴホステルと言う宿から書き込んでいます。

なんとここはインターネットがタダ!

しかも自分のパソコンを無線LANで接続できます!

すごい!

ということで、イースター島での出来事も後ほどアップしようと思います。


とりあえずは本日の記事。

今日は朝4時頃目が覚めました。

なぜならろくに布団もかけず、崩れるように眠っていたからです。

昨日手をつけなかった荷物まとめの作業をやり、

本格的南米入りのために今一度貴重品管理を見直したりしました。

それから朝食。


そこで、今日はいつもと違うメンバーが一人増えてました。

もちろん日本人の方なんですが、

なんと話を聞いてみると彼も僕と同じ、

ワンワールドの世界一周航空券を使って旅をしているというのです。

しかも、なんと世界三周目。


どんだけだよ!


と、感じながらも話を聞くと、

彼は現在30代、仕事をやめ、これから自分と仲間で会社を

作るため、その間にできた時間で旅行しているというのです。

もちろん一人。

3ヶ月くらいの日程で、出発は8月2日ということで僕と近いです。

おそらく帰るのは11月中だろうということでした。


もうベテランって感じで、今回で自分の行きたい所はすべてコンプリートするそうで、

今後は仕事が忙しくなるし、もう一周はしないだろう、とおっしゃってました。

イースター島で僕が出会った日本人は皆社会人の方でしたが、

皆、社会人になったら長期の旅はなかなかできない、と言ってました。


ま、そりゃそうだろうなーとは思いました。


が、そういえばオーストラリアで出会った人から聞いた話。


日本人は長い休みって一般的に取れないけど、海外の人は結構、

2ヶ月とか3ヶ月とか休みとって、いろんなことしてるみたいだよ。


まー海外の人っていうのが具体的にどの国なのかって言うのはわからないけど、

日本人はやっぱり働く方なのかなと。

仕事をすごく大切に考えるというか、きちんとしているというか、

自分を犠牲にするというんでしょうか。

自己主張が強くなく協調性を大切にする国民性。

和を大切にする国民性。

そういうのが確かにあるんだなぁと。


皆が一生懸命働く。

そのおかげで、僕たちは日本で安全に、便利に、そして快適に?

生活できるんですよね。

それはそれで素晴らしいんだけど、なんかもっと余裕があればなと感じました。


働いてばっかりよりも、1年に一回くらい、2、3ヶ月の休みをとって、

皆自分のやりたいことをやる時間があれば、視野も広がって、いいんじゃないかなー。


でも、この流れは一人だけじゃ変えられないですよね、

社会全体がそういう風に動いてるから、そこに乗ろうとすると

やっぱり自分たちもペースを合わせないといけない。

だから、しかたない。

ということになる。こればっかりはどうしようもないっすね。


話がだらだらになってきたのでこの辺で。


サンチアゴ、寒い!!

アンデスの山に雪が降ってます。

で、さっきはでっかいヒョウが降ってました。

バスに乗っててよかった、、。

明日は、イースター島から一緒に飛行機に乗ってきた、

同じく一人旅の社会人の方と一緒に街を歩く予定です。

彼は仕事の合間に10日間の長期休みを無理矢理取得して来たそうです。(三周の方ではありません)

イースター島、サンチアゴに滞在し、日本に帰国、ということでした。

では、アディオス!

イースター島3日目

今日も朝起きると晴れ。

ラッキー。

ということで、朝一でツーリストインフォメーションへ。

実はここは昨日も朝に寄ったのですが、その時は英語の少しできる

若い女性が受付をやってました。

だから今日もその人がいるかなぁ、、、と思って行くと、

いたのはおじさん。


あれ。


しかもちょっとカトちゃん似。


まーとりあえずツアーのことを聞く。

できれば今日のツアーに参加したいと英語で言う。


、、、、、、


なんとこの人イングリッシュ無理。

スパニッシュ。

ツーリストインフォメーションだろ!?

と思いながらも身振り手振り、ついでにスペイン語の会話本が大活躍。

なんとか予約完了で、ツアーに無事参加できました。


するとこのツアー、僕含め客は7人でしたがそのうち5人は日本人。

2組の夫婦と俺。

かたっぽの夫婦は30代、もう一方は5、60代って感じ。

後の二人はオーストラリア人の夫婦で、最初ちょっとだけ話盛り上がりました。

ま、あんまり深い話は英語だからできないんだけどね。

だから一通り自分の語彙を使うと、

沈黙。

まーしゃあない。


見所と言われる場所を回って、写真を撮ったり、撮ってもらったり。

一人だと自分を入れた写真が取れないので、それもツアーのいい所。

で、モアイづくし。

ほんとにモアイがぶっ倒れてたり、立っていたり、人が住んでた後があったり。

最初に倒れたモアイを見たときはただの岩かと思ったんだけど、

近づいていくとモアイだとわかり、そのときはさすがに感動しました。

モアイの切り出し場だった山(ラノララク)も歩きましたが、ほんとにすごい。

モアイが埋まってたり、まさに今削ってる途中だったり。

おもしかったです。普通に。


初写真アップ!





昼食も込みだったので食べると、おいしい。

満足。

日本人が一緒にまわっているので、感動も伝わる。

今日はよかったです。


5時頃村に帰って、昨日の教訓からレストランには行かず、

屋台でエンパナーダスと言うおやつみたいな軽食を食べました。

幸いこれはおいしく、1000ペソ(200円程度)。


宿に戻って、シャワーを浴びようとしたけどお湯が出なくて、

(なんか隣のキッチンの栓をあけないとお湯が出ないらしく、

昨日はそこに管理人のマーティンがいたので、俺がシャワーに

入ろうとしたら栓を開けてくれた。しかし今日はシャワーに入るのが

10時頃と比較的遅い時間だったため、すでにマーティンはいない。

どうやら栓を締めっぱなしのまま眠っちゃったらしい、、、、)


で、あきらめて、また先のことを考えだし、ペルーのガイドブックや

インドのガイドブックなんかを眺めていました。


するとその時!!

とつぜん子猫が僕の部屋に現れたではありませんか!

なんと窓が開いていたのです。

どうやら掃除をしたら窓を開けてくらしい。

開いてることに気づいていませんでした、僕。


で、この猫、メンコイ。

子猫だからちっちゃくて、しばらく遊んでました。

たぶんこの宿に住み着いてるんだろうな。

3時間くらい遊んだけど、猫の場合気まぐれだから眠ってると

引っ掻いてくる恐れがあるのです。(僕のうちの猫がそうです)

なので、窓から涙涙のお別れをして、今日は終了です。


いやー、猫入ってくるとかマジびっくりでしたよ。

イースター島行動開始!

25日、ブログを更新した後、サンチアゴのホテルを予約し、

それから博物館に行きました。

イースター島の歴史や文化に関する説明書きがあったり、

土器や像が展示されていたり、なかなか興味深い物でした。

と、言うのも、なんと日本語解説書があるんです!

入場料1000ペソ(200円位)を払うとなにやら冊子を渡されたのですが、

それが日本語解説書でした。

内容もしっかりしてます。全部理解できました。

実はイースター島には永住権を持つ日本人の方がいるそうで、

その方の訳でした。

で、日本人相手のツアーもやってます。(英語ガイドの5、6倍の値段、、、、)

ということで今日は知識を仕入れ、その後は村から歩いていける範囲にあるモアイ像をじっくり見て、終了!


ではなかったな。

そうそう、ご飯を食べたんです。

レストランで。

なんだかどこも、大丈夫かここ?っていう雰囲気を醸し出してるのですが、

とりあえず適当に入ってみました。

島ということで海産物が豊富らしいと聞いていたので、

アトゥン(マグロ)のセビッシェというのを注文。

待つこと2、30分、、、。


長い。


しかもその間に注文を取りにきたおばさん、くっちゃべったり

うろうろしたり、ほんとに作ってんのかおい!!!

って感じでしたが、やっと出てきた。

セビッシェって何かといえば、どうやら和え物。

ぱっと見うまそうでした。


1口。


んー、まぁまぁ。



2口。


ん?



3口。



ん、、、、、、しょっぱい!!!!!

しょっぱすぎです。しょぱいというか辛いというか、

味が濃すぎ。

それでも半分くらいまではなんとか行けました。

しかし、そこからは体力勝負。

だんだん体が受け付けなくなってくる。

最終的には20%くらい残しました。

これで5000ペソ(1000円程度)


もうぜってーこの店は来ねぇ。

どっかでマジイースター島飯はまずいって見たけどほんとだな。

ありえねぇわ!!


しかし後で聞いた話に寄るとどうやらそこはハズレ。

普通においしいレストランもあるそうです。

俺はこのせいでそれから三日間は夜飯、食べませんでした。


そのかわり、次の日スーパーでバナナとオレンジとみかん、

それからクッキーを買い込んだのでした。

イースター島上陸!

ついにイースター島に上陸しました。

昨日、24日、オークランドからサンチアゴへ、

そこから飛行機を乗り継ぎイースター島に着きました。

心配していた飛行機の遅れ、荷物の紛失も一切無く、

予定通り順調に行きました。

よかった、、、、。

時差があるため、今こっちは25日です。

日本では今26日の1時55分だそうです。

地球の裏側だね、マジで。

こっちは雨季のためじめじめしてて、ちょっと気持ち悪い感じです。

初日なんでまだ何もしてないけど、村の近くにあるモアイを

さっきちょっとだけ見てきました。

あと村の市場でお土産をウインドウショッピング。

なにやら一生懸命話しかけてくるけど、全く理解不能。

笑顔で逃げました、。

ほんとに小さな村で、リズムが違う、というか物事の仕組みが

まだつかめていないので落ち着きません。

29日の飛行機でサンチアゴに行くので、

それまでの三日間、島内を散策しようと思います。

レンタカーでまわるか、ツアーでまわるか。

それを組み合わせるか。ちょっと今考え中です。


にしてもやっぱオセアニアとは違います。南米。

言葉、全く理解不能なんで、

感覚でやるしかないって感じです。

またちょっとナーバスになってます。


けど、まだこうやってブログ更新できたりするので安心ですが。

イースター島はマジ絶海の孤島です。

こんなとこでもインターネットができるなんて、、、

すごい時代ですね。


しかし、まー次々に新しい街に行って、

宿とって、歩き回って、新しいもの見て、ご飯食べて、

お金のこと考えて、これからの予定考えて、、、

自分でもよくこんな旅計画したなぁ、と思います。

帰るまでほんとに安心できないわ。常に。

たまに夢を見ているんじゃないかと思うことが本気であります。

ほとんど、まー95%一人でいるし、(たまに現地にいる日本人や現地の人と話す)

やることといったら歩いて色んなもの見るか、食べるか、

これからの旅の予定考えるか、

人生について考えるか。


考えてるうちに一人で感傷的になって涙が出てきたり、、


人生って旅だよな、みたいに考えてみたり。

日本にいたらまるで人生には道でもあるかのように

錯覚してたけど、全然違って、ホントは何も無いんだと。

道は自分で作るもんなんだと。

主体は自分なんだと。

そんなことを強く感じました。

当然のことなんだけど、何不自由ない暮らしをしていると、

見失ってしまうことな気がします。


それと同時に、自分の生まれ育った地で、

働いたり勉強したり遊んだりしゃべったり、つまり普通に生活して

いくことの幸せっていうのも感じました。

これはきっとツアーとかで、人に頼りっぱなしで旅行に来ていたら、

感じられなかっただろうな。


なんだかまた独り言ブログになってしまいましたが、

今日はこの辺で、失礼します。

それでは!

オークランドより

こんにちわ。

僕は今オークランドにいます。

今日、朝8時にロトルアを出発。12時頃着きました。

もうあんまり感動ありません。慣れてしまった。

宿には日本人が沢山いて、あんまり外国って感じもしません。

街歩いてもアジア系多い!


でも、明日イースター島に旅立つのでわくわくです。

イースター島は宿予約する必要ないらしいので体当たりで行きます。

いよいよモアイだ、、、


昨日はロトルアの温泉に入ってきました。

でも、水着着用。

なんだか落ち着かない。

やっぱり自分は日本人なんだなと痛感します。

外国にいると自分が日本人だということをすごく強く感じます。

Where are you from?

と聞かれれば、

アイムフロムジャパン。

ですから。

それと同時に、日本の力も実感します。

車、電気製品、、、おお、日本製。

日本にいてもそれが日本の強みだとは知ってるけど、

なかなか実感は出来ないことでした。

それが海外に来るとすごく強くわかるというか、なんというか。

日本ってやっぱり世界的にみて影響の大きい国なのかなと。


あと、今日またちょっと帰りたくなりました。

なぜかわからないけど、世界地図が頭に浮かび、日本が光っています。

もう1人にも、相部屋で生活することにも慣れたけど、

なぜか帰りたくなりました。

まだまだ旅は長いので、楽しまなきゃなぁとは思うのですが。

波があるのかな。


ということで明日はイースター島です!

といっても、明日の17時ごろオークランドを出て、

11時間ほど飛行機に乗り、サンチアゴで乗り継ぎ、

また5時間ほど飛行機に乗って、やっとイースター島到着です。

でも、イースター島の時間は24日20時。


そう、時差です。時差で1日戻るんです。

不思議な感じ。


無事着けるといいんだけど、、、飛行機大丈夫かな、、、

と、不安はありますが、もうある意味不安にも慣れました。

どうなってもなんとかなるべ的な。

別に遅れてもそれはそれでそのとき考えればいいか、っていう。

ちょっとは度胸ついたんかな。


と、いうことで今日はこの辺で!

See you later!!

ROTORUAより

昨日、ウェリントンよりバスで北上する事7時間。

僕は今ニュージーランドのROTORUAという、地熱地帯にある町にいます!

地熱地帯という事で硫黄の匂いがするこのあたりは、まるで登別みたいな感じです。

今日はこれから街を歩いて、明日ROTORUAの

ワイオタプサーマルワンダーランドっていう、それこそ地獄谷みたいな

珍しい景観を持つ場所に行ってきます。


それにしてもこっちは寒い。やっぱり寒かった。

朝も昼もジャンパー着てないときついです。

北海道は短い夏だっていうのに。。。

たぶんイースター島も寒いんだろうな、っていう。


昨日のバス移動は面白かったです。

なんと客僕一人。

助手席に座って、まるでタクシー状態。

ちょっとだけだけど運転手と会話もしました。

もっといいたいこといっぱいあるけど、英語が出てこないので言えない。

このもどかしさ。

コミュニケーションとれればこの旅も数倍楽しくなっただろうな、と思います。


で、バス移動して思った事。ニュージーランドはやっぱ景色がきれい!

ラストサムライのロケ地、それからあのロードオブザリングのロケ地にもなった場所。

たしかにファンタジックな雰囲気です。森があって湖があって、羊がめっちゃ飼われていて。

赤ちゃん羊とかもその辺にいて、バスから眺めたのですがかわいかったです。

木も日本では見ないような木で、いろんな種類があります。

おもしろいっす!


ということでROTORUAには明後日まで滞在、23日にオークランドで一泊し、

24日にいよいよイースター島へ移動です。

今日これからイースター島の宿予約します。ちゃんとできるのかな、、、、。


ということでこれにて失礼!

wellingtonより!

おはようございます!

復活です、ちょっとまた調子持ち直しました。

宿が快適で(相部屋だけど)疲れも取れたみたいです!

今日はウェリントン市内をうろつきまわったんだけど、

街がきれいです。こぎれいな感じ。

湾口都市だから景色もきれい。

ここで感じたのが、小樽ももっときれいに海辺を整備できれば

もっと観光客が来るのにな、と感じました。

小樽ってなんか、海辺は汚いイメージしかないので。

運河とかもいいけど海辺だよ海辺! っていう。

ウェリントンもそうだけど、シドニーもそうだった。

街と海と船のコントラストがすごくきれい。

街の規模が違うってのはあるけど、だったらそれを逆手にとって

もっと魅力的に出来るんじゃないかと。

ウェリントンはごみもちゃんと分別になってるし、すごくいい感じの街です。

東京よりはぜったいきれいやね、うん。

札幌みたいな、もしかするとそれよりも。

こっちは今は真冬だけど12、3℃あるから北海道の秋。

銀行で両替したり店で買い物したりしたんですが、店員さんもフレンドリー。

せかせかした感じがない!都市なのに。

まぁ実際に暮らすとどういう風に感じるかわからないですが。



ニュージーランドは日本の3分の2の国土で、

人口が400万人いないくらいだから、日本と比べると人口密度も低い。

あきらかに暮らしやすそうっていうか、日本と似てる気がします。

島国だし、南北に長いし、四季もあるし(冬はスキーも出来る!)、なんといってもラストサムライのロケ地だし、、、。

旅行するにも整備されてます、ユースホステルはきれいで快適(今ウェリントンのユースホステルにいます)。

僕の経験から言いますと、日本はあんまり、若者が自由にお金をかけずに旅をするための

バックアップがない気がします。

ユースホステルとかあるみたいだけど、いまいちじゃないかな。

ニュージーランドはバスのネットワークが張り巡らされてたり、値段もそんなに高くない。

バックパッカー向けのバス会社とかもあって、親切です。

あと入場料無料の博物館とかたくさんある。英語だからあんまり理解できないのが残念だけど、、

すごいいい感じです。友達ときたらもっと楽しかっただろうな、と思います。


明日はウェリントンとオークランドの間にあるロトルアという街に移動します。

ここは温泉地らしく、ちょっと楽しみ!

明日のバスは9時45分、たぶん、、たぶんモウマンタイ。(無問題)


ニュージーランドはもっとゆっくり時間かけて一周旅行とかしてみたいな!

と思いました。

それよりもまずは自分の国のまだ行ってないところに行くのが先かな。


ということでニュージーランドは今のところグッドな国です。

もっと日本人はニュージーランドに関心を持てばいいのに。

絶対この土地は日本人にも暮らしやすい土地です。

ということで今日はこのへんで失礼。

これ時間はどうなってるんだろ、ちなみにこっちの時間で今17時11分です!

ニュージーランド着、、、

こんばんわ。

何とか無事、ニュージーランドにたどり着きました、、、、

今ウェリントンです。ちなみに首都です、、、。

なんか、、、

疲れた、、、。

どうしてかわからないがどっと疲れてます。

まぁ思い当たる節はあるのですが、、、


実は昨日はシドニーを歩き回ったり、今日の朝に乗る

宿からシドニーの空港までのバスを予約したり、

飛行機の予約の確認をしたりと順調でした。

今日の飛行機は今日の9時15分発だったので、2時間前の7時15分までに

空港に着くために、バスを予約しました。

すると、6時10分に宿の前に来るということでした。

早いな。

と思いながら目覚ましをセットし、ニュージーランドのガイドブックを

見つつなんだかんだで昨日寝たのは1時を過ぎていました。

そして今日の朝、、、

目覚ましの音で目を覚まし、ふと時計に目をやると、、

腕時計は6時20分をさしていました。

マジか。

もう一度目をやると、確かに20分。

しかし目覚ましは5時。

電池が足りなくなってやがったのか、、、

買ってから一度も交換してないので(成田で買ってそのまま)

遅れていたのです。

やば。

荷物は前日にまとめてあったので急いで用意し駆け下りました。

時間にルーズなオーストラリアだからもしかしたら、、、


だめでした。もうすでに行ってしまったようでした。

どうしよう、タクシーか、もしくは金もう一回払ってバスか、、どうなる、、、

とおろおろしていると、7時に開くレセプションルームから人が出てきて、バスがすでに来てるよ、といいました。

え、マジで?と思いもう一度外を見ますが、やはりいません。

レセプションの人の感じだと、どうやらついさっきまで待っててくれたって感じでした。

遅れてしまいました、みたいな事を適当な英語で伝え、

自分のミスですと伝えました。

するとレセプションの人はバス会社に電話をしました。

するとなんと、もう一度来てくれるというではありませんか。

もちろんペナルティの金もなし。

いやー、よかった!!!


ということなのです。

いやー、やってしまった。

携帯の目覚ましもかけてたんだけど、起きれなかったのね、、、

やっぱ旅行してても自分の悪い癖は抜けていないようです。

今後はあんまり心配だったら徹夜で切り抜けようと思います。


マジ危なかった!!!

で、急いで出てきたから忘れもんしてんじゃないかなーと不安になり、

思い返してみると、、、、

昨日買った今日の朝食を冷蔵庫の中におきっぱなしにしてきてしまった!

まぁ、3,4ドルだからいいけど、ちょっとへこんだわ。

ということで、ついにやってしまったよ。

今後マジで気をつけんと大変なことになるなぁ!!


ということで今日のハプニングでした。


ニュージーランド、ここウェリントンはあんまり新鮮味ありません。

オーストラリアと同じような感じです。

疲れてるからかな、、、

明日また書くかもしれません。

とにかく今日は疲れたのでこれにて失礼。

ちなみにこっちは日本より3時間早いです。

sydneyより

今日はシドニーを歩いてみました。

有名なマックウォーリーズポイントってとこに行ったり、

シドニータワーに上ったりと、観光っぽいことばかりしてます。

というのも、やっぱり街自体は日本の都市と変わりません。

違うのは言葉と人種が多いのと、、、って感じでしょうか。

ケアンズやアリススプリングスと比べるとあんまり外国って感じがしません。

白人が一番多いけど、なんか観光できてる中国人がすごく多かったです。

チャイナタウンって地区もあるし、中国人には馴染み深いのだろうか、不思議だ、、、。

シドニーの街の面白いところは、新しい街の景観と古い景観が同時に存在しているところです。

高層ビルが立ち並んでるところからちょっと目をずらすと、

レンガづくりの街並みが望めたりします。

あと港がきれいです。とにかくきれい、でもそれは日本でも

同じなので特別感動はしませんでした。

明後日でシドニーも終わり、次はニュージーランドですが、その先が不安です。

英語が通じない国に行くので、さらにやりにくくなるな、と。

会話本片手にがんばるしかないです。


今日偶然にもツアーで知り合った日本人のトシ君とばったり街中で会いました。

超偶然。

ちょっとの間街を案内してもらって、Emailアドレスを聞いて別れました。

偶然ってすごいですね。これも何かの縁、大切にしようと思いました。

あ、そうそう、こっちは今冬なので日が短い!

7時半くらいに日の出、6時くらいには日の入りです。

けど、日中は半袖でも大丈夫なくらい。北海道に住む自分としては

不思議な感じです。


明日はチャイナタウンに行ってみようと思います。

それでは今日はこの辺で!

sydney 到着!

無事、シドニーに到着しました。

飛行機が遅れたり、宿を予約するのに一苦労したり、

まーすんなりはいきませんでしたが何とか到着。

いろいろお世話になった一緒のツアーの韓国人に

まともにお礼すら言えない自分にもどかしさを感じながら、

今シドニーのキングスクロスという地区にいます。

明日、明後日と滞在し、それから18日にはいよいよニュージーランドです。

シドニーはやっぱりでかいです。

今空港から宿まで来た感じだと雰囲気は日本の都市とにています。

やっぱり道は狭め。

車たくさん、店たくさん、ビルたくさん、って感じです。

この宿はインターネットがただで出来るので熱いです!

今日は疲れたのでそろそろ失礼します。

皆さんからの励ましの言葉はほんとに励みになります。

ありがとうございます!

それではまた!

アリススプリングスより

皆さんお久しぶりです。

今、僕はオーストラリアの中でも思いっきり内陸部にある、

アリススプリングスという街にいます。

この街は、あの、世界の中心で愛を叫ぶ、で有名なエアーズロックの

ある地点から北東へ数百キロのところにある小さな街です。

11日の夜にケアンズからこっちに来て、12日早朝から

昨日まで3日間のエアーズロック、キングスキャニオンのツアーに

参加していました。といってもガイドは英語。

そのため参加者も多国籍でした。

僕含め日本人が2人。韓国人1人。

ドイツ人、イギリス人、フランス人、

カナダ人、などなど、、。

スゴイたくさんの種類の言語が飛び交っていて、

エキサイティングでした。(意味はあんまりわからないけど)

わかったことは、英語を母国語としない人はやはり

皆一生懸命英語を勉強しているということ。

みんな頑張ってるんだなって感じでした。

韓国人と僕ら日本人2人はやはり同じ人種ということで

自然と仲良くなり、英語で会話したりしました。

もう一人の日本人の彼はワーキングホリデーでオーストラリアに来て、

もうすぐ日本に帰るので、最後の旅だ、ということでした。

彼は結構普通の会話を理解できるようで、僕は若干頼ってしまいましたが、

少しだけ会話にチャレンジしました。

言葉の壁があると、逆に通じた時の感動が大きいので楽しいです。


このあたりの内陸部は夜と昼の気温の差が激しいです。

昼は太陽に照らされるとじりじり暑いのに、(日陰は寒いが、、)

夜、特に朝方はすごく寒いです。

そんななか、僕はテントで寝ましたが、

彼らは外でキャンプファイヤーの近くで寝てました。

タフだ、、、。


それにしても、景色は本当にすばらしかったです。

一番感動したのはキングスキャニオン。

まるでドラゴンボールに出てくるような、ナメック星みたいな、

違う惑星に来ているような錯覚を覚えてしまうほど。

アリススプリングスからエアーズロックまでの道のりを

バスでずーっと走るんだけど、途中カンガルーが車でひかれて

それをワシだかコンドルだか、めっちゃデカイ鳥が3,4匹で

食べてるとこを目撃したりしました。

あと、こっちは天気がよくて、雲ひとつありません。

だから、日の出、日の入りがすごく綺麗。

空がこんなに綺麗なコントラストになるなんて知りませんでした。

星もすごくたくさん見えてびっくり、と、

とにかく日本では体験できないことばかり。


たくさん写真撮ったけど、そのうち公開できればと思います。

だんだん旅にも余裕が出てきたので、

楽しむことができるようになってきました。

イースター島もすごく楽しみ、飛行機が遅れなければいいんだけど、、(それだけが心配)

今日はこれから昼の飛行機でシドニーに移動します。

シドニーではまた一人で街を散策したいと思います。

それではまた後日、旅のレポートをしたいと思います。

See you later!!

オーストラリアより

4日ぶりだー!!今僕はオーストラリアの中でも

一番日本に近い都市、ケアンズに居ます。

ケアンズは日本より1時間時間が早いです。

だからいま六時半過ぎです!

えー、ケアンズに着いてみたものの、、、

トラブル続きで参るね。

とりあえず自分トーイック500点ないくらいの

英語オンチ。

こっちから簡単な事をいうことはできても聞き取れない。

ニュアンスで何とかやってます。

細かい事書き出すと切り無いから書かないけど、とにかく

何をするにも神経すり減らすって感じ。

疲れた、、、。

こんな感じだからもちろん回りの人とも友達になれません。

それに必要以外のことはしたくない。

言葉がわからないから。

孤独、、、孤独、、、孤独、、、。

4日目になり、ある程度孤独に慣れてきたけど、

昨日はまずかった。

ケアンズから程近い珊瑚で出来た島、グリーン島って言うところに

ツアーで行ってきたんだけども、まわりはカップルやら家族連れやら

幸せそうにはしゃいでるわけさ。

島はそれはそれはきれい。よく写真とかで見る南国の島って感じ。

砂が珊瑚の死骸だから、普通の砂とは手触りも違って、ちょっと重い。

だから砂が波に巻き上がらなくて、きれいなのかな、と思いました。

しかししかし、こんなきれいなところに居ても、誰も話せません。

ひたすら自分の頭の中で会話してます。

驚いた事に頭の中に友人が出てくるのね。

それで喋ってる、見たいな。

ちょっと悲しくなりました。

日本にすごく帰りたくなったね、こんな場所にはひとりで来るもんじゃない。

誰か大切な人と一緒に来るべきだ、、、と思います。

と言う事で皆さん、ケアンズは観光には最高だと思います!

基本的に日本人のスタッフも多いし、町にも日本語で書かれた案内とか

沢山あるんでまだ大丈夫です。

しかし、この先俺が行く国は、、、英語も通じない国が多いんです。

一応会話集は持ってるけどねぇ、、、

なんとかなるんでしょうか、不安やね。

でも一番不安だった飛行機のことは、ネットさえ出来れば

何とかなりそうなんで安心です。

ってかやっぱ英語できないときついね。

普通に留学すればよかったかなーって少し思います。

それと、世の中の不平等を感じたり。

やっぱ白人はもともと英語だし、まーフランス語とかだって

文法は似てるから英語そんなに難しくないわけじゃん。

けどほら、日本語ってなんかこう、全然違うんだよね。

あーマジ言葉の壁って厚い!!

日本帰ったら英語、やろうかなあ。

けど日本で生活している分には必要ないからやる気起こらないんだよね。

やっぱ生まれ育った土地でぬくぬくやっていく事って、

そこにいると嫌なトコばっかり見えるけど、

安心できるっていうか、実は幸せなのかなって思ったり。

ソレもコレも英語だよ!英語が出来れば怖いもんないし世界が近づく!

と思います。

ということで皆さん、俺みたいに長期旅行したい人はともかく、

日本人意外と交流したいと思ったら本気で英語学習したらいいね。

俺はすこしなめてたかな。全然理解できないもの。

辞書も持ってないしね。電子辞書、買えばよかった、、、。

シドニーに紀伊国屋書店があるらしいので、ついたら

小型の英和辞書買おうかな。和英なら持ってきたんだけどさ。

あーホントに疲れる。

あさってでケアンズは最終日です。明後日はアリススプリングスに

飛びます。

そこでエアーズロックを見るツアーに参加して、15日に

シドニー入りです。

シドニーには3日間。つまり18日まで居て、18日に

ニュージーランドの首都ウェリントンってトコに行きます。

とりあえずそこまでいけるかな、不安です。

もしかすると、18日過ぎに日本に帰国するかも。

どうしようもなくなったりして。

そしたら笑ってください。


と言う事で今日はこの辺で。では!

成田空港より!出発直前

こんばんわ!

ついに出発の日が来てしまいました。

今僕は成田空港の無料インターネットスペースから発信してます。

今日は朝5時15分頃、友人の車で千歳まで送ってもらい、涙涙(自分が)

の見送りを受け出発、羽田到着が定刻の9時25分でした。

東京は29度だそうで、暑い暑い、、、

しかも荷物、重い重い、、、

そこから品川へ移動し、高校時代の友人と久々に再会し、少し話した後、

3時半頃の電車でまた一人成田空港へ、、、。

これから第一の国、オーストラリアのケアンズへ向かいます。


正直、一人ってこんなに淋しいものなんだ、ってすごい思います(泣)

一人で飛行機乗ったことすらないんで、とりあえず手探り状態で進んでます。まだ日本なのに。

今んトコ気分あんま良くなくて食欲なしです、、

早速一応の風邪薬を飲んどきました(汗)

いやー大丈夫なのだろうか、実際不安で不安でしゃーないわー!

自分の弱さを痛感、みたいな感じです。


ってずいぶん弱気な記事になっちまったな。

一人でいると自分としか会話できないんで、沈むと沈みっぱなし!

なんで、お願いです!見てる人はぜひコメントをしてくれぇ~!

ネットカフェにたどり着くことができれば、おそらくブログ見れますんで、、。

あ、あと僕携帯電話解約しましたので、もう繋がりません。

なんか連絡事項があれば、このブログの右にある、Mail to Author

からお願いします。

そのアドレスが一応僕のメインアドレスになってます。

あ、そろそろ搭乗時刻が迫ってきたので、この辺で失礼します。

なんか書いててもテンパってる感がでてるよね。


日本よ、そして皆しばしさらば!いい旅して無事帰ってくるぞ~!

それでは、また。

詳細決定!

いよいよ全て手続き終わりました!

ぎりぎりです、、、

出発は8月5日。

札幌から成田へ8時30分の便で移動し、

同日21時25分のオーストラリア ケアンズ行きの便で

日本を出国します。

そこからアリススプリングス(エアーズロック)

シドニーと周り、8月18日にニュージーランドへ、

ニュージーランドで1週間ほど過ごした後、

イースター島、エクアドル、チリ、と南米数カ国を周り、

10月頃ヨーロッパに入ります。

ヨーロッパでは1ヶ月ほどかけ、

スペイン、フランス、オランダ、ドイツを鉄道で旅します。

それからエジプト カイロに飛び、一度イギリスを経由し

インドのカルカッタに行きます。

3週間程でカルカッタからムンバイまで気の向くままに陸路で移動し、

ムンバイからタイの首都バンコクに入ります。

タイからシンガポールまでこれまた気の向くままに(つまりノープラン)

移動し、12月21日、シンガポールから香港に飛びます。

そして、22日、香港から札幌に戻ってきます、、、。


深夜バイトやめたのが7月25日、二週間ないうちに

出発はかなりきついっす。準備追われました。

というか追われています。

詳細は後々ホームページでも作ってまとめるつもりです。


やっべーマジ緊張してきた~

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。